【カメラ選び】どのカメラを買うか迷ったときにチェックすべき3つのこと

「カメラを買おう!」と決めてからたくさんの情報に触れていると、値段を見てカメラを買うか悩むようになったり、最初は欲しかったはずなので、カメラ探しに疲れて疲弊してしまうことがあります。

なぜこのようなことが起こるかと言うと、自分に合うカメラを探し始めたはずが、いつしか「いいカメラを見つけること」に目的がすり替わってしまうからです。

このように、楽しいはずのカメラ選びが辛くなって、カメラを始めることを諦める人が多いので、今回は『どのカメラを買うか迷ったときにチェックすべき3のポイント』について解説していきます。

この記事を読むことで、カメラ選びに失敗せずに、後悔のないカメラ生活をスタートすることができます。

【カメラ選び】どのカメラを買うか迷ったときにチェックすべき3つ

これから初めてカメラを始める人にとって、どのカメラを買うか(カメラ選び)は非常に頭を悩ませる要素です。

ここでは、どのカメラを買うか迷ったときにチェックすべき3つの視点をご紹介します。

この3つを抑えることで、カメラ選びに失敗せずに済みます。

1,なぜカメラが必要なのかを一度明確にする

あなたがカメラを始めようと思った理由は何でしょうか?

私の場合は、『写真を撮ることが好きだから』です。

しかし、人によっては『旅行が好きだから、それを綺麗な写真として記録に残したい』という思いでカメラを買おうと思い立った人もいるでしょうし、インテリアとしてカメラを眺めているのが好きという方もいます。

私にとっては「ファインダーを覗いて、撮影に集中している時間」はある意味、瞑想状態というか無心になって楽しめる時間です。

あなたは、写真のどんなところが好きですか?

SNSに投稿して「こんな写真見たことない!」とか「いいね!」って言われることが好きですか?

旅行やお祝いごとで人の写真を撮ってあげて喜ばれることが好きですか?

自分がなぜ「カメラをはじめたい」「カメラを買いたい」と思ったのか?そのキッカケを思い出すことで、実用性を優先するのか、あるいは、デザインや性能を優先するのかなどのカメラ選びの基準が明確になります。

そして、今買おうか悩んでいるカメラは「あなたの目的を果たすことができるか?」を見つめ直してみましょう。

そうすることで、自ずと自分に必要なカメラが見えてくるはずです。

2,もっと写真を好きになれるカメラを考えてみる

私の場合は、「写真を撮っている時間が好き」なので、特にカメラにこだわりはありませんでした。

「デジタル一眼レフカメラ」とか「ミラーレスカメラ」とかの高級カメラを買おうと思っていなかったのです。

初めの頃は、「フィルムカメラ」を探していました。フィルムカメラにいきついた理由は、単純に「難しそう」だと思ったからです。

フィルムカメラは1発勝負で、現像するまでわからないという性質にワクワクしました。

それに加えて、「レトロな見た目が好き」だったからです。

カメラを選ぶ基準って「見た目が好き!」とかそんな理由でいいのでは?と私は思います。

見た目が好きって理由だけで、「カメラを持って出掛けよう!」ってなりますし、写真がもっと好きになっていくと思いますよ。

カメラの性能だけじゃなくて、あなたが持ち歩きたくなるカメラはどんなカメラか考えてみましょう。

3,カメラに詳しい人に相談したか?

ものすごくニッチな趣味でない限り、あなたの周囲にはあなたと同じことが好きな人間が必ずいます。

例えば、ギターだったり、車やバイク、読書や映画。

まずは、あなたと同じようにカメラを趣味にもつ人が周囲にいないか探してみるとよいです。

その人は、あなたが悩んだのと同じようにカメラ選びで悩んできた先輩なので、色々とアドバイスをくれると思います。

そして、ネットの情報よりも生の体験談の方がはるかに有益です。

さらに、共通の趣味の話を通して、その人との親近感や仲間意識も強まりますよ

人は、自分の好きなことを聞いてほしいと思うものですから、その人にとってあなたは話していて楽しい存在になります。

職場で「いまカメラを買おうか迷っている」という話をしてみてはいかがでしょうか。

私の場合は、フィルムカメラを探していたので、ダメ元で、「実家にフィルムカメラってないの?」と父親に聞いてみたところ、驚いたことに、父親も昔カメラが趣味で、中古でも数万円で売られているようなカメラがいくつも実家に眠っていたことがわかったなんてことがありました。

結局、紆余曲折あってフィルムカメラではなく、デジタル一眼レフカメラを購入することになるのですが、趣味を通して、親子関係も改善しましたよ。

その他にも、会社に中途入社してきた社員が同じカメラ好きだということがわかり、あっという間にカメラ友達になりました。

好きなことを語れる仲間を探してみると、1人で悩んでいたことも簡単に解決できたり、カメラをもっと好きになるキッカケになるので、オススメです。

まとめ

「カメラ選びに迷ってつらくなったとき、考え直してみて欲しい3つのこと」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

誰しも「カメラをはじめたい!」と思うに至ったキッカケがあると思いますので、そのキッカケを思い出してぜひカメラ生活を始めていただきたいです。

カメラを持つことで人生がさらに彩りあるものに変わります。

また、カメラ選びについて何かご質問等ありましたら、コメント欄にお寄せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です